Stamp purchase Street

発行期間が短いと意外に価値が出る可能性がある

切手には普通切手と記念切手があります。普通切手は日常的に販売されている切手で、記念切手は何らかの記念に発行される切手です。普通切手は需要によって異なるものの、全国の郵便局などで幅広く購入できます。一方記念切手は発売期間などが決められていていつでも郵便局で買えるわけではありません。普通切手と記念切手で見るとどうしても普通切手は発行枚数が多くなり、あまりプレミアがつかないように感じます。しかし意外に価値の出る普通切手もあります。記念切手はコレクション用に購入する人が多く、買った後使われにくい特徴があります。普通切手は必要性に応じて購入されるのですぐに使われます。普通切手の中には発行期間が短いものがあり希少価値が高くなっている切手があります。急に絵柄の変更などが行われると直前にまとめて買う人などはいません。省庁が変わったり民営化されたりそのたびに多少絵柄が変わることがあり、希少な切手があるかもしれません。自宅に眠っている切手の中にも高く買い取ってもらえるものがあるかもしれません。